コース

コース図

高低差図

コースガイダンス(スカイマラソン)

菅平高原リゾートセンター前の広場をスタート(1,239m)した後は一般道でスキー場まで走り、ゲレンデを大松山(1,649m)のピークを目指し駆け上がります。その後つばくろ山(1,545m)を縦走し、シングルトラックを駆け下り第1エイドステーション(約7.5km)に到着。

しばらく平坦な道を走り「やまなみハイキングコース」を通って緩やかな石戸山を登ります。コースは下り坂となり第2エイドステーション(約13km)を迎えます。

その後国道下のアンダーパスをくぐって「ダボスの丘」を目指します。シュナイダー碑をまわり、表ダボス~奥ダボスのスキー場エリアを駆け下り、コースは「菅平牧場」内に入ります。牧内には牛が放牧されているので糞を踏まないように気をつけて走りましょう。

牧場を抜け第3エイドステーション(約18.5km)を通過して常設トレランコースへと入ります。小川のながれる小径を走り、四阿山頂に続く登山道を駆け登ります。つつじが咲き乱れ心も体もリフレッシュできる風景が待っています。

その後コースは中あずま手前を旧牧場作業道に入り緩やかに下ります。ここは足場が悪いので注意。途中登山道に合流し第3エイドステーションへ戻り(約31km)、再び牧場内を走ります。復路は途中から右に進み、さらに牧場内を駆け上がるともう一方の根子岳登山道と合流します。また、このエリアでスカイハーフのランナーと合流しますので注意して通行して下さい。

この登山道には登山者やハイカーも通行していますのでコース上ですれ違う時は必ずマナーを守り、積極的に声をかけるなどして余裕を持って通行して下さい。また、この区間は一部ランナーの往復路が重なりますので、コース誘導員の指示に従い無理をせず注意して通行して下さい。

約1,5km登ると本レース最高地点の小根子岳(標高2,128m)に到着。ここを左折し北肩方面を目指します。このエリアは国立公園内の特別地域にも指定されている場所ですので、登山道以外に決して踏み入れないように注意して通行して下さい。北肩まで1km強進み、分岐を左に折れ下り坂を一気に駆け下ります。あとは約6kmの下りが延々と続きますが、コース上には不安定な浮き石が至る所に点在しているので、飛ばし過ぎずに慎重に下ると第2エイドステーションに帰ってきます。

水分、補助食を補給し息を整えて最後の登り太郎山を登り切ったら残りはあと1.5kmですので最後の力を振り絞りましょう。スキー場のゲレンデを下り、国道を横断(※横断時は警備員の誘導に従ってわたって下さい。)したら今朝スタートした菅平高原リゾートセンターに戻りゴールです。

関門時間について

関門の制限時間は関門を出発する時間となります。時間までに関門を出発出来ない場合、失格となりますのでご注意下さい。

コース誘導について

コース上には誘導看板や誘導テープ(幅10cm程度の黄色のFieldsのロゴ入りのビニールテープ)を分岐点や分かりにくい箇所、危険箇所など各ポイントに設置してあります。コースが分からなくなった時などは、むやみに先に進んだりぜず、冷静に来た道を戻り、あらためて看板やテープを確認して正しい道を進むようにして下さい。コース誘導員は交差点や道路横断地点などに配置していますが、コースは必ず自分自身で確認して進んで下さい。